スポンサーサイト

  • 2006.05.06 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


のまんじゅう



ひさしぶりにのまんじゅうを買った。

」というのは「のし」の「」らしい。

スーパーへの道はきょうはイレギュラーな道だった。駐車料金を払って、それから出かけたから、くねくねと行った。

途中、夕暮れに鯉のぼりが美しく映えていた。



それから赤瓦の素敵な家を撮ったつもりが、暮色に光量調整の狂ったデジカメのピントがおかしくてオモシロ画像となった。…ついでに遊んでしまった




チーズうさぎ





きょうの厨房のおやつは、「チーズうさぎ」という東京土産だった。

夕方、三越へ行ったら、ドンクの店長とあった。いつもはドンクのパンをたくさん買うのに、きょうは「チーズうさぎ」の存在で、何も買わないわたしで、ちょっとバツが悪かった。世間話をして、誤魔化した。…彼もわたしの気持ちを察しているという印象だった。…いろいろと大変だ。

…ということで、この「チーズうさぎ」は、レキオスの予約の客が持ってきてくれたのだった。とてもきれいな東京の女の人で、わたしと同じくらいの年で、息子二人というのも同じ。彼女は女優みたいに美しいだけではなくて、魅力的なのは、現役のシャンソン歌手だからだ。それも最近なのだ。…ここが辛いけども楽しい展開だと思う。自分のためにやるんだ、という、かつてすべてを子供に吸い取られたような空しい感じに自分が頑張ったと思う。

息子二人は母親似の背の高いハンサムだった。今度の沖縄旅行は、次男の結婚式だ。その前日の親しい親戚の宴会がレキオスで行なわれた

かわいい息子は、今の仕事で稼ぐだけ稼いだら沖縄へ移住すると言っていた。嫁さんが沖縄の人という。

幸せにね、とありきたりの祝辞を述べたけど、これからだよ、とも付け加えてしまったババアだったなー。

柏餅

市場の丸市ミートへ仕入れに出かけたら、柏餅があった。ああ、そうなんだと思った。息子たちが小さい頃はいろいろと季節のことを考えて行事をやっていたが、きょうは、そんな息子たちの顔が少し浮かんだのだった。端午の節句だなと思った。苺をいっぱい敷き詰めて、小さい鯉のぼりを立てたケーキを作ったのを思い出していた。あれは、いい出来だった。息子たちは大喜びだったな。



マヨちゃんという菓子パンが美味しい。ふわふわのパンにマヨネーズ一直線というシンプルさだが、感動的だ。



あらかきさん丹波のお茶を持って来てくれた。水出しでも美味しいらしい。あしたは水出しして、氷で飲もうかと考えている。
もちろん、あつあつでも美味しいお茶でしたよ。



沖縄ぜんざい風あんパン



どこが普通のアンパンと違うのだろうということになったが、ぜんざいの豆が大きいということだなということになった。

そして、みんなの好きなティラミスだ。



ひがさんサンニンの花をもってきた。レキオスのメーンへ飾った。きれいと思う。

まるで乳児を抱えている母の乳房のようだと思う。豊かだと思う。


コーヒーロール



コーヒーロール秘密は実はシナモンロールでもあるということだ。柔らかい菓子パンにコーヒーとシナモンが漂う贅沢さが100円ちょっとというのが信じられない話です。

それと、ウィンナー・ロールパン、これはベジタリアンのひがさんがいないからできるのですね。



おとつい、開店時に買ってきた厨房用の急須が壊れたみたい。次は割れにくいものがいいというので、この二点を出したら、白のホーローのものに決まった。…そして、あの急須を韓国から持ってかえってから、もう、8年らしい。

4月30日がレキオスの創業記念日だったけど、誰も気付かない忙しい日でした。きょう、客との会話で、れれれと思ったのでした。…あした、レキオスのハッピ・バースデイをやろうと思っています。


レモングラス





ひがさんハーブティーを作ってもってきた。レモングラスのいい匂いがしていた。

ゴールデンウィークのせいだろう、スーパーで福岡のとよのかいちごがとても安かった

いつものエクレアも一緒にゲット。





レキオスは大騒ぎの夜でした

みかん缶





きょうのおやつは、みかん缶と黒糖蒸パンでした。蒸パンの白ゴマが美味しそう。みかん缶は冷やして、デザートに。

厨房へ入ると日々草がたくさんだった。なかはらさんが持ってきてくれた。早速、レキオスの店内へ。




ミニサンド・いろいろ



きょうの厨房のおやつは、ミニサンド・いろいろ。これだとベジタリアンひがさんでも食べられるものがあるというものです。

なかはらさんは、また、ひがさんが食べないものを選んで食べるのです。

それとかるかん。かるかんは山芋をベースにした重たげな皮が特徴です。これが美味しい。ぼそっとして、しっとりして、子供のころの大好物でした。鹿児島の名物みたいだから、鹿児島から琉球に渡ってきたのかな。


親子ちゃんぷぅるー

河合家の食卓





市場でときどきおからを買う。お豆腐屋さんが少しだけ作っているようだ。あっさりと味付けされている。それをわたしはチャンプゥルーにする。食べにくいおからも豆腐を入れると食感がスムーズになるし、さらに野菜を入れるとしっとりとして、美味しい

豆腐とおからだから、親子チャンプゥルーだなと思う。野菜室でくたばりつつある白菜を使った。

ふくしまさんカレーを持ってきてくれた。美味しい魚をもらうのは、とても嬉しいが、彼の商売を考えると気が重くなる

カレーも泣き顔のようだ。


豆腐



レキオスへ届けられる木箱入りの豆腐は、使いやすいように切り分けます。そのときに出るのが切れッ端です。これをつまんで豆腐の品評でレキオスの営業が始まります。きょうのは、いい豆腐の出来でした。



先日レキオスを去っていったかつやさんの置き土産はかわいいお煎餅でした。ゴーヤー、紅芋、フーチバー、ドラゴンフルーツ、ウッチン…押し花細工を食べているようでした。




calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
Apple Store
Apple Store for Education
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
訳注 質問本草
訳注 質問本草 (JUGEMレビュー »)
呉 継志, 原田 禹雄
recommend
recommend
recommend
遺伝子神話の崩壊
遺伝子神話の崩壊 (JUGEMレビュー »)
ディヴィッド・S・ムーア, 池田 清彦
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM

Apple Store Apple Store for Education
e-onkyo.com d112e_468x60
リンク・シェア
LinkShare アフィリエイト
アイ・キッチン
特集(母の日特集2006)
モノマニア
モノマニア
search this site.
others
mobile
powered

このページの先頭へ▲